《されど、死ぬのはいつも他人ばかり / D'AILLEURS, C'EST TOUJOURS LES AUTRES QUI MEURENT》
" Besides, it's always the others who die / D'AILLEURS, C'EST TOUJOURS LES AUTRES QUI MEURENT "

「死ぬのはいつも他人ばかり」 (2013.08/23-09/16) float・あをば荘 同時開催
" Besides, it's always the others who die " (Aug.23-Sept.16,2013) at float & AWOBA SOH


ネオン管,他


マルセル・デュシャンの墓碑銘「されど、死ぬのはいつも他人ばかり」のフランス語の原文をネオンサインで作品化したもの。
言葉通り、私たち生きている者にとって死んでいくのは常に他人であり、自分自身の死を体験したことはない。
しかし、墓碑銘に刻まれたこの言葉が人の目に触れたときには、既に当のデュシャンは「他人」となっていた。
この言葉をネオンサインにし、壁に掛けることにより如何なる場所でもパーソナルに展開できる一種の平面作品。
floatでの展示ではステージの壁面に設置することで、会期中行なわれたサウンドライヴ「葬送曲」の舞台美術としても機能した。

撮影:川原卓也

Back to index
inserted by FC2 system